目黒区西小山クリーニングミハシ・個人店とチェーン店の違い


クリーニング店を選ぶ時、何を基準に選びますか? 自宅から近い・値段が安い・仕上がりがキレイ・早い・丁寧にやってくれる・お店がキレイ 、そしてチェーン店ではないお店を基準に選ぶ方がいるのも事実です。

では、このチェーン店ではないお店を選ぶ方、 つまり個人店を選ぶ方々には理由があります。

実は、クリーニング店は全部同じではありません。 まだまだ、クリーニング屋さん選びに誤解をされている方々の為に 貴方に合ったクリーニング店が見つかる様に お話しさせて頂きます。

まず、チェーン店と個人店の違いは、1番に誰もが気づくのがお値段だと思います。 対価というのは、その品質における労働対価です。つまりは、 「値段なりの仕上がり」と思っておらえると分かりやすいかもしれません。 クリーニング店では、アイロンの仕上げが一番クリーニングの中でコストがかかるんです。個人店では、何年も何年も掛けてアイロン技術を習得したプロのクリーニング国家資格師が1着1着丁寧にさせて貰えば それはとてもキレイに仕上がります。アイロン自体も、プロ用ですから 家庭用とは違い 肌触りもよく仕上がり ジャケットならば数日着用しても クタッとせず、体に沿ってプレスした袖を通せばスルッとシックリきます。 洋服が本来在るべきタックやドレープも、もしかしたら買った時よりキレイに仕上がるぐらい専門店ならではの技術の1つです。

一方、大手チェーン店は コストを下げる為に色々と工夫しております。一般的には、コストを削減する為に数時間レクチャーを受けただけのアルバイトやパートが作業します。 機械がやるから技術もいらないからクリーニング国家資格師でない 方々の作業です。 早さを重視する為、機械で一度に沢山の衣類を仕上げます。 それらの機械仕上がりの品質は、タックの線は曲がったり 二重線になったり ドレープは潰れ 酷いものは無くて良い場所に 線が出来たりとそれは 手仕上げとは 比べ物にならないぐらい 差が出てしまいます。 お客様が品質を重視しなければコストも、ぐんと下げられワケです。

つまり、仕上げの部分をしっかりとしようとすると、大手チェーン店も 私達プロの個人店と同じような金額になります。
熟練のアイロン職人を育てるには長い年月や費用もかかります。そこで、素人でもアイロン無しで短時間で1度に沢山の衣類を仕上げられないか?と考えだしたのが大手チェーン店なんですね。

他にも、個人店とチェーンでは汚れ・シミを落とす洗い方にも相違はあります。 私がお客様に直接聞いたお話しす。 『このスカート、チェーン店の○○に出したんだけど…シミが全然落ちてないのよね。 ほんとに洗ったのかしら?それに、出した時より何だか 薄汚れてみえるわ』というものです。これはチェーン店に出した事が方なら 思いあたる方も多いのではないでしょうか?

大手チェーン店は、各地に多数のお店を構えております。各地から工事に集められた衣類は 個人店より 膨大な衣類の数です。 今では朝預かって夕方お返しするお店もあるぐらいですから納期もあります。 急いで洗わなくてならないとすると、 コスト削減の大手チェーンは 1度の機械に 今日容量を超えた衣類を詰め込んで洗おうとするならば あまり汚れ落ちは見込めません。

ドライクリーニングでは、溶剤管理が出来ていないと「逆汚染」というトラブルも起こり 液中に浮遊した沢山汚れが 衣類に付着してお返しされた事で 私がお客様からきいた『出した時より何だか 薄汚れてみえるわ』というの原因になりのです。

お客様は、汚れを落として欲しいからクリーニング店に依頼したのに 逆に汚れて却ってくるなんて 本末転ですよね。

洗剤も、多くいれれば落ちるというものでもなく今日容量を守り温度と水位と時間によって汚れ落ちが出来るのですね。その知識があるから個人店が落ちる秘訣ですもあります。 シミ抜きについてもそうです。 個人店は、プロですから技術知識があります。 シミの種類・繊維の知識・薬剤の種類や知識や技術を使いこなしてシミ抜きをします。 シミ抜きには、神業に近い繊細な作業も存在します。中には数時間〜数日かかってやっと落ちるシミもあるぐらいですから、 個人店が、朝預かって夕方お返しできない理由でもあるんです。

大手チェーンは、素人のアルバイト・パートさんが多く 危険なリスクは負えないし 技術も無いので 個人店がやるような難しいシミ抜きは出来ません。各店から届いた沢山の衣類が有りますから1つシミで時間をかけるより、低価格で品質より早く沢山衣類を普通に洗い返してほうが沢山の利益になります。 だから、大手チェーンで落ちないシミと呼ばれたものが 個人店では簡単に落とせる理由の1つです。

個人店は技術を磨いていくプロフェッショナルの職人技術。 大手チェーン店は、アルバイト・パートの方がすぐできる機械技術。 お寿司屋さんを例えると分かりやすいかもしれません。

個人店は、早朝築地まで出向き 脂のノリ・鮮度状態を目利きし 自らの手で熟練の職人が包丁で調理し お客様へ最高の仕上がりでご提供されます。魚の切り口だけでも味が変わるぐらいですから素人には出来ない美味しさがあります。 お魚の知識・仕込みの技術・握りの技術・接客の技術 まだ沢山あるかもしれませんが 全てが長い年月養ったプロのエキスパートです。

一方、チェーン店で機械が握る寿司では、職人さんを使わなくても、昨日今日始めたばかりのアルバイト・パートでも出来るように現場では、お魚は工場でカットされてますから知識はいりませんし包丁も必要ありません。握る技術も機械がやるから職人さんが必要なくアルバイト・パートはネタを乗せるだけの お店も多いのではないでしょうか。

高級寿司が、100円程度で食べられないと同じでクリーニング店も 高級寿司とはチェーン店寿司と似たような手間暇の違いがあります。

大手チェーン店さんは、安い代わりに如何に大量の品物をこなすようにシステム化されてます。

クリーニングミハシは、個人店になりますので、クリーニング国家資格師の職人が仕上げで お客様に喜んで頂きたいお店を努力し目指しております。 洗いに関しても 最先端の技術でシミ・繊維によって適正なクリーニングができるから大手チェーンより落ちるんですね。ですからチェーン店より値段は多少割高です。

技術と知識と努力のプロのクリーニング国家資格師がいる個人店さんと、早い安い素人作業の大手チェーン店。 どちらを選ぶのは消費者さんが納得する方で良いと思います。 クリーニング屋さんの事を少しでも知って頂き、こうして仕事の内容に違いがあるので、 自分にあったお店を選んでくだされば幸いです。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square