​染色補正による復元加工

 脱色した色抜け箇所を復元する

『染色補正加工』をご紹介いたします。

 

レストランなどで、食べこぼしのシミがついたらどうします?恐らく おしぼりなどで、叩いたり 拭いたりしませんか?

おしぼりには、次亜塩素酸ソーダという殺菌作用が入ってますが 実は、色素を飛ばす漂白効果もございます。

そんなおしぼりで、擦れば生地が脱色してしまいます。脱色した衣類は、通常ですと我慢して着用するか もしくは諦めて

廃棄という残念な選択しもありますが、もう一つ救える選択しもあります。

 

それは、クリーニングミハシでの、復元させる技術、「染色補正加工」をご提案いたします。

生地や状態によっては、白く目だった箇所も、同じような色で補正しますので、また着用できるようになります。

​他には、汗による退色・排気ガス・石油ファンヒーターから出るガス・紫外線によっても地色が変色してしまうこともございます。

手順は、シミがあれば、その全て除去した後、地色に近い色を色を混ぜて作っていきます。

 

色の作成ができましたら、染料を必要な分量を、エアーブラシと刷毛で抜けた部分に、丁寧にいれていきます。

繊維によっては、ご家庭でも、洗濯することも考え 落ちにくい、染色補正をいたします。

 

ご家庭でしみが落ちないからと擦ったり、外食時にタオルでの染み抜きは色抜けやの原因の1つです。最悪は、脱色し、シミすら除去しづらくしてしまう事もあります。

お困りの際は、 是非クリーニングミハシにご相談下さいませ。