カビがあっても諦めないでください!

長年クローゼットに放置した衣類や、雨に濡れっぱなしにした結果 カビが生えていた!なんてよく聞きますよね。

カビが付着してると 見た目も良くないですから お気に入りだった衣類なら尚更 悔やんでも諦めきれないものです。

カビがあっても諦めないでください!

繊維やカビの種類によりますが クリーニングミハシで、ご依頼頂いてるカビは高い確率でクリーニングで除去出来ております。

​他店でお断りされたカビ、又は、他店で除去できなかったカビも連日ご依頼しております。パンツや背広から・コート・レザーのジャケット・バッグ・靴からダウンジャケットなどにカビが発生したお品は是非クリーニングミハシへご相談くださいませ。

カビが生える原因と対処法

1番の原因は湿気です。カビの多くは湿度約60%で発生し、80%で増殖致します。カビの発生を防ぐには、換気をして、湿気をためないことが重要です。必要なことは乾燥と換気をすることです。

衣類では、濡れっぱなしでなる事でカビが発生したりもしますが、他には窓の結露や 押し入れ、またはクローゼットやタンス内の湿気が溜まり カビ菌が発生する事があります。

また、意外な原因として炊飯器からでる蒸気や部屋内の湿度にも影響がらあると考えられます。カビを発生させない為には、こまめな収納場所の換気が必要です。必要であれば、扇風機を活用したり、湿気取りや湿気除去機能がついた空気清浄機などもご利用すると発生の予防にはあると思います。

既になんらかのカビが生えてしまった衣類は、乾燥や換気をしても取り除けません。

カビ菌のパワーは凄い強く 胞子を撒き散らどんどん範囲を広げげて行きますのでクリーニングして除去するしか有りません。

『カビの種類』

 

衣類に見られる主なカビ菌の種類と除去できる目安を記載いたしました。(※クリーニングミハシの除去可能率です)

 

白いカビ・比較的○

黒カビ・繊維により△

緑のカビ・繊維により△

赤カビ・繊維により△

色がつくカビ菌の場合いは、カビが除去できたとしても、色素が衣類に残ることがありデリケートな繊維によっては強い除去剤や漂白剤が使用できない場合は、完璧な除去は難しい場合もございます。

繊維の中でも、レザーは特にカビになりやすい繊維ですが 、レザーシューズやレザージャケットなど画像の通りきれいに除去出来ております。また、クリーニングミハシが使用する特殊なカビ除去洗浄剤の中には、カビ防止除去剤・カビ消臭効果・レザーの栄養剤も配合されておりますので、カビを除去した後もご安心ください。またレザーの製品が長く良い状態で維持するようにカビ除去にレザーメンテナンスも一緒にしてお渡しております。クリーニングミハシで洗浄除去したカビクリーニングは、抑制効果はございますが、お住いの環境やカビの胞子が家じゅうに充満している場合は、再び衣類はカビになってしまいます。最後に、再びカビに襲われないように対処法を伝授いたしますので、宜しければご参考にしてください。

 

 

カビ菌には私達の健康リスクも

1つのカビを放置すると、胞子を全体に撒き散らし更にカビ菌を作り出し、最悪クローゼットなどの中で蔓延します。

 そして全て近くにある衣類や壁、窓など幅広くカビで覆い尽くしてしまいます。結露の水滴が、窓レールに溜まる原因で発生する黒カビや、黒カビが発生しやすいエアコンなども、家じゅうにカビをまき散らす様は、決して快適ではありません。

こうなるとカビ菌そのものや カビの匂い、クローゼットや家具だってカビ菌が付着して どんどん家中に放出されてしまいます。

放置すれば範囲は拡大し、人体の健康にも、なんらかのリスクがきっと起こる事かと思います。

 

もし、カビが発生してしまったら

カビは、放置せず早めにクリーニングミハシにご相談下さいませ。

また、カビを見つたら先ずは カビの菌を、他に放出させて被害が広がらないようにカビの衣類だけをビニールなどに入れて 口を閉じて、お持ち下さいね。それから、ご自宅の換気をしっかりして、換気が悪い場所には扇風機などで風通しをしっかりしてください。そして、忘れてならないのが、カビが発生した付近の壁や家具といった除菌掃除をしてください。壁の塗料などに注意しながら、アルコールで拭きとり除菌を行います。換気と除菌掃除そして、カビ除去クリーニングです。

カビは、カビの胞子を放出し家じゅうを襲います。家の構造体にカビが発生しているケースもあるぐらいですから、意外とカビ菌は厄介ですよ。衣類は、復元し元に戻りますから、カビが発生したら一刻も早く信頼あるクリーニング店にご依頼くださいませ。

​クリーニングでは、どうやって除去していくの?

クリーニングミハシでは、一般繊維やレザーなど繊維によってカビの除去方法を変えます。

または、水洗いできるもには、天然の殺菌剤やカビ抑制剤を使用したり、ドライマークの衣類には、ミストによる殺菌剤の散布や、紫外線ライトによる殺菌もすることもございます。レザーでも、また違うため色々な方法で、衣類に合うカビ除去クリーニングを提案致します。大切なのは、お客様の衣類がまた気持ちよく着られるようにカビを除去し、殺菌し、再びカビにならないようにクリーニング致します。