​当店では、ヘアカラー除去をご依頼のお客様10人中9人が美容師のお客様です。諦めずに
​まずはご相談を。

プロの美容師の方々が 美容室内にてお客様にうっかり粗相してしまう事があるようで よくよくお問い合わせを頂きます。

「もうこのヘアカラーは落ちませんか?」とすでに諦めムードで青ざめてくる美容師の方もいらっしゃいますが ひとまずご安心ください。

クリーニングミハシでは、繊維にも拠りますが高い確率で除去させて頂いております。

しかし、中には凄いデリケートな品もあり 

『ゴメンなさい難しいです・・』と悔しい思いお伝えすることもございますが 諦めずにまずは拝見させてください。その際、お品物の繊維の種類(クリーニング表示に記載してあります)と色をお伝えくださいね。

 

ご依頼のお客様の中には…、ご自身でカラー剤を上手に染め上げたものの、染まりきっていないヘアカラー剤が汗で流れ襟に付着したお客様にもご要望頂いております。

 

また、こんなお客様もいらっしゃいました。

「以前 使っていたクリーニング屋さんがヘアカラー剤のシミはもう落ちないって言ってたから諦めてたのよ』と、言われていたりもします。

確かに、ヘアカラー剤は毛を染めるもの。繊維だって色よく染まります。

染まった色をまた元に戻すのは 洗っても洗っても…20回洗ったとしても、落ちないんです!しかし

クリーニングミハシなら 紹介画像のような カラー剤がついた襟もキレイに出来るかもれませんよ。

 

 

ヘアカラー剤除去に使用するしみ抜き剤の中には金属を溶かすような薬剤を使用したり、ご家庭では決してマネ出来ない薬剤を使用しながら 繊維と生地色を見極め時間をかけて元の状態まで復元していまきます。

ですので、ご家庭で漂白したりネットでのマメ知識をされてから お持ちになると却って奥に浸透させ私達でもお手上げの時がございます。

ぜひ ご要望際には 弄らずにご相談頂くのが1番落ちる方法です。

 

ムリと諦めていたシミを落とすクリーニングをお探しなら ぜひ当クリーニングミハシに1度ご相談下さいませ!